福岡県ロボット・システム産業振興会議 | Fukuoka Prefectural Robotics & Advanced System Industry Development Council

企業への支援メニュー
Support menu to the company

ITベンダーによる現場ニーズ把握会(医療事務現場に係る現場見学会)の参加企業を募集します

category:トピックス | 福岡県IoT推進ラボ情報

 福岡県IoT推進ラボでは、IoTを推進していくことで、県内産業の振興と地域課題の解決に取り組んでいます。この一環として、本年度から新規事業「ITベンダーによる現場ニーズ把握会」に取り組みます。

 ITベンダー側からは、「顧客の真の課題が分からない」、顧客側からは「IoTでできることが分からない」という声をよく聞きます。このミスマッチを解決するため、IoT導入の意向を持つ企業・団体に、県内ITベンダーが直接出向き、現場の課題やニーズを把握する現場見学会を実施し、プロジェクト化・ビジネス化を図るものです。

 今回は、嘉飯桂IoT推進ラボ(事務局:飯塚市、嘉麻市、桂川町)、ふくおか医療福祉関連機器開発・実証ネットワークと連携し、医療事務現場のニーズ把握会として、福岡県済生会飯塚嘉穂病院様(飯塚市)を訪問します。

 地域に根差した医療機関として、地域住民のあらゆる医療ニーズに答える筑豊地域の救急医療・専門医療の病院で、医療機器などの開発のため、医療現場観察の機会を提供する「飯塚メディコラボ」にも参画されています。

 今回の見学会では主に、①看護師の勤務割や患者の入院状況などを管理するシステムの導入、②端末の音声案内による来院者への院内案内などの患者サービスの向上策の2点について、提案を希望されています。

 なお、今回の現場ニーズ把握会は、患者のプライバシーの保護及び院内衛生上の観点から、病室の見学は出来ません。

 

・日  時:平成31年3月12日(火)

・旅  程

  13:30         県庁(東公園側玄関)に集合

  13:30~14:30    貸切バスで移動

  14:30~15:00  <@飯塚嘉穂病院様>病院紹介、院内従事者から現状説明

  15:00~16:00   質疑応答・フリーディスカッション

  16:00~17:00   貸切バスで県庁へ移動

・参加費 :無料

・参加要件:IoT製品・サービスを有している企業、または、IoTを活用して、現場ニーズを取り込んだ製品やサービスの開発を検討している企業であり、かつ県内に研究、生産・活動拠点を有する企業(法人格を有していること)。

・定  員:20名(先着順に受付、定員に達し次第受付を終了致します)

・申込締切:平成31年3月8日(金)

・備  考:見学会にはIoTの有識者や機械電子研究所職員などが同行いたします。

・申込方法:会社・団体名、所属・役職、氏名、所在地、電話番号、メールアドレスをご記入のうえ、締切日までに次の宛先へメールまたはFAXでお申込み下さい。

        (公財)福岡県産業・科学技術振興財団 

        ロボット・システム開発グループ(担当:古賀、山本)

        TEL:092-832-7155、FAX:092-832-7158

        E-mail:lsi-inove@ist.or.jp

※詳細は、下記リンク先をご覧ください。

【(公財)福岡県産業・科学技術振興財団(ふくおかIST)のページに飛びます】