企業への支援メニュー
Support menu to the company

【参加者募集】 インターステラテクノロジズ㈱への出張技術提案会「大樹町ミッション」について

category:宇宙ビジネス研究会 | 企業への支援メニュー | トピックス | 出展支援 | 出展企業の募集 | 公募状況

 福岡県宇宙ビジネス研究会では、ロケット、人工衛星等の宇宙ビジネスに関連する研究開発・事業活動を行う県内中小企業、大学及び県商工部による、産学官で構成するミッション団を構成し、「大樹町ミッション」を実施します。

 本ミッションでは、北海道大樹町を拠点とする国内有数の宇宙ベンチャー企業「インターステラテクノロジズ㈱」を直接訪問し、先方が有する社内の製造・技術課題やニーズと、県内中小企業等が有する技術シーズを現地で直接マッチングさせることにより、双方のビジネス機会創出を図ることを目指します。

 ついては、宇宙ビジネスに関心のある県内企業等を広く募集しますので、是非本ミッションへの参加をご検討ください。

 

◆インターステラテクノロジズ株式会社について

(概要)

北海道大樹町を拠点に、観測ロケット「MOMO」と超小型人工衛星打上げロケット「ZERO」を独自開発・製造しているロケット開発ベンチャー。

「誰もが宇宙に手が届く未来をつくる」ことをビジョンに、「低価格で便利な、選ばれるロケット」をミッションに掲げる。

「ねじのロケット(MOMO7号機)」と「TENGAロケット(MOMO6号機)」が2021年7月に2機連続で宇宙空間に到達。2019年5月の「宇宙品質にシフト MOMO3号機」を含め、これまでに3度の宇宙空間到達を達成しており、国内民間単独での宇宙空間到達は唯一となる。

現在、MOMOは実証から事業化の段階に入り、並行して2023年度の打上げを目指すZEROの開発を本格化させている。

2020年末には新会社「Our stars㈱」を立ち上げ、人工衛星事業への参入も目指すなど、宇宙ビジネス分野で多角的に活躍する国内有数の宇宙スタートアップ企業。

 

(企業HP)

https://www.istellartech.com/

 

(事業紹介資料)

https://www.istellartech.com/7hbym/wp-content/themes/ist/dl/bussiness_overview_20210810.pdf

 

◆日時

令和4年10月27日(木)~10月29日(土)

 

◆行程表(案)

令和4年10月27日(木)

  福岡空港発~帯広空港着(羽田経由)

  ※事務局側で搭乗便ルートを複数設定し、その中から選択。

  ※希望者多数の場合、午後に産業視察を検討。

 

令和4年10月28日(金)

  9:00 ホテルグランテラス帯広~大樹町役場

  10:00 大樹町長への表敬訪問

  11:00 ロケット発射場見学

  13:00 インターステラテクノロジズ工場見学

  15:00 意見交換

  18:00 道内宇宙ビジネス関連企業との懇親会(ホテルグランテラス帯広)

 

令和4年10月29日(土)

  帯広空港発~福岡空港着

  ※事務局側で搭乗便ルートを複数設定し、その中から選択。

  ※自由解散(延泊滞在含む)

 

◆募集定員

 10社程度(各企業・団体に付き3名を上限)

 

◆参加費用

 現地(帯広空港)までの往復移動費、宿泊費、食事代等

 ※航空券、ホテル(ホテルグランテラス帯広)、バス等は県側(委託業者)で確保。

 

◆参加要件

 ①福岡県宇宙ビジネス研究会会員(企業の場合、法人格を有していること)であり、

  かつ県内に研究、生産・活動拠点を有している企業又は大学であること。

  ※福岡県宇宙ビジネス研究会(入会費・年会費無料)への入会は下記リンクから簡単に可能です。

福岡県宇宙ビジネス研究会

②ロケット、人工衛星等の宇宙ビジネスに関連する研究開発や事業活動を行っていること、

 もしくはそれらに類する技術シーズ等を有していること。

 

◆申込方法 

「申込フォーム」を事務局(info@robot-system.jp)まで送付下さい。

 

申込フォーム_大樹町ミッション

 

◆申込締切

 令和4年9月30日(金)まで

 

◆参加要件の確認について

 申込締切後、提出された申込フォームに基づいて、事務局で参加要件の審査を行った後

 各申込者に対して個別に正式な通知を行います。