福岡県ロボット・システム産業振興会議 | Fukuoka Prefectural Robotics & Advanced System Industry Development Council

企業への支援メニュー
Support menu to the company

「装着型ロボット アシストスーツ展示・デモ・体験会」を開催します

category:トピックス | 総会・セミナー

 福岡県ロボット・システム産業振興会議では、今後成長が見込まれる食品・農業分野への参入促進を進めております。

 このたび、農業分野への参入促進として「装着型ロボット アシストスーツ展示・デモ・体験会」を開催いたします。

 アシストスーツは、農作業等での腰への負担軽減等、現場作業での軽労化に期待されています。

 農業分野への新規参入や事業拡大を計画されている企業様、また、アシストスーツに御興味のある企業様等は是非ご参加ください!

 

 【開催日時】

  平成29年1月13日(金)

  受付開始:13:00

  展示・デモ・体験会:13:30~

 

【会場】 

 西日本総合展示場 新館 303・304会議室
 (北九州市小倉北区浅野3丁目8-1)

 

【主催】

 福岡県ロボット・システム産業振興会議

 

【参加費】

 無料

 

【参加者数】

 会場の都合により20社(1社2名まで)程度とさせていただきます。
 ※申込み多数の場合は先着順とさせていただきます。

 

【プログラム(案)】

製品紹介 13:30~14:30

○『農業用アシストスーツLiBERo』の紹介 (株)ニッカリ
※LiBERoは、和歌山大学と(株)ニッカリ共同開発の農業用アシストスーツです。

○『マッスルスーツ』の紹介 ユーピーアール(株)
※マッスルスーツは、開発・販売元である(株)イノフィスの登録商標です。

 

体験会  14:30~15:30

 製品紹介で紹介されたアシストスーツを会場内に展示し、実際に試着体験していただきます。

 

<展示製品>

○農業用アシストスーツLiBERo

【特徴】
 センサー内蔵の専用の靴と、スイッチ内蔵の片手用手袋を装着して扱う。靴底の力の変化から動作意図を推定して電動モータでアシストする。ものを持ち上げる時は手袋内のスイッチを一緒に握りこむようにする。本体の重量は6.8kg。10~30kgの収穫物コンテナや米袋等の持ち上げ作業にて、不可の半分程度をアシストする。

○マッスルスーツ

【特徴】
 外骨格型の装着型動作補助装置、ウェアラブルロボット。モータではなく人口筋肉を駆動原とする。空気圧式人口筋肉で22kgから30kgほどの補助力を実現し、装着者の動作をアシスト。標準モデルの重量は本体5.5kg、高圧タンク1.5kg、アシスト力は最大30kg。軽補助モデルの重量は本体4.2kg、高圧タンク1.5kg、アシスト力は最大22kg。

 

【お問い合わせ・申し込み先】

 下記、「参加申込書」を下記からダウンロードし必要事項をご入力の上、FAXにてお送りください。。

 参加申込書はこちら

 TEL:092-643-3453 FAX:092-643-3421

 ※申込締切日

 平成29年1月10日(火)