福岡県ロボット・システム産業振興会議 | Fukuoka Prefectural Robotics & Advanced System Industry Development Council

企業への支援メニュー
Support menu to the company

(情報更新)【公募情報】先端成長分野における各種開発補助金等のお知らせ

category:会員イベントの紹介 | トピックス | 製品開発 | 公募状況

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、緊急事態宣言が発令されるなど、依然として大変厳しい状況が続いています。

 不要・不急の外出自粛要請や、相次ぐ大型展示会の開催中止など、企業活動にも大きな影響が及んでいます。

 福岡県では、中小企業・小規模事業者の皆様の事業継続に関する支援を行うとともに、地域経済の力強い回復のため、IoT、ロボットなどの先端成長産業分野における新製品の開発・ビジネス展開に対する特別支援を実施します。

 

1.各種補助金

 以下の(1)から(5)の支援を実施します。特に、新型コロナウイルス感染症の影響により、売上高が前年比15%以上減少した企業には、補助率を1/2から3/4に引き上げ、企業負担を減らします。また、補助金の採択件数を増やし、多くの企業を支援します。

 応募方法などの詳細につきましては、以下の各ホームページをご覧いただき、お問い合わせ等ございましたら、それぞれの窓口までお気軽にご連絡ください。

 

(1)ロボット、半導体関連製品の開発・実証に対する助成

  ・可能性試験:100万円程度・4件程度

  ・製品開発・実証:300万円程度・7件程度

 〔HP〕https://www.robot-system.jp/令和2年度「社会ニーズ対応型ロボット・システ/

   (新しいタブで開きます)

(2)Rubyを活用した革新的な製品の開発に対する助成

  ・450万円程度・4件程度

  〔HP〕http://www.digitalfukuoka.jp/topics/151(新しいタブで開きます)

(3)IoTシステムに関連した製品開発、量産化に対する助成

  ・可能性試験:150万円程度・6件程度

  ・製品開発:400万円程度・4件程度

  ・量産化設計・試作:450万円程度・3件程度

  〔HP〕http://www.ist.or.jp/information-ja/3171(新しいタブで開きます)

(4)医療・福祉機器の開発、可能性調査に対する助成

  ・製品開発補助金:原則450万円以内・3件程度

  ・可能性調査補助金:原則75万円以内・2件程度

  〔HP〕http://www.cird.or.jp/hojo.html(新しいタブで開きます)

     ※ページ下部「医療・福祉関連製品開発支援事業」をご覧ください。

(5)有機EL分野の製品開発、販路開拓、発光材料のサンプル合成に対する助成

  ・有機EL分野:300万円程度・2件程度

  ・次世代発光材料分野:500万円程度・2件程度

  〔HP〕https://www.i3-opera.ist.or.jp/news/775(新しいタブで開きます)

 

2.メディアを活用した新製品のプロモーション支援

  ホームページや各種動画サイト、SNS等において開発製品をPRするための紹介動画を作成し、広報活動を支援します。秋頃募集開始を予定しておりますので、追ってお知らせいたします。

 

【問い合わせ先】

福岡県新産業振興課IoT推進班

TEL:092-643-3453

MAIL:shinsangyo@pref.fukuoka.lg.jp